ホスピピュア クマ

ホスピピュア 目の下のクマ

睡眠不足や疲れているとすぐに現れる目の下のクマ
目元って印象に残るから隠したいのにお化粧では難しいし、クマがあると老けて見られるのでホントに困っちゃいますよね。

 

出来るだけ、作りたくないクマですが目の下のクマにも種類があるんです。

その種類によってはホスピピュアが有効なのでチェックしておいて下さい。

 

クマの種類とは?

 

クマの種類は大きく分けて3種類あります。

 

  • 青クマ…目の周りの血行不良などが原因のクマ
  • 黒クマ…皮膚のたるみや凹みが原因のクマ
  • 茶クマ…色素沈着などが原因のクマ

 

青クマの原因と対処法

ホスピピュア 目の下のクマ

青クマの原因は目の周りに沢山ある毛細血管の血流が悪くなっていることです。

血流が悪くなる原因はいくつかありますが、PCやスマホを長時間凝視することも血流がわるくなる原因の一つです。

 

青クマの対処法としては目の周りのマッサージや目の周りを温めて血流を良くすることです。
マッサージをする時には、あまり力をいれず優しくマッサージして下さい。
目の周りは肌が薄くデリケートなので、強くこすると茶クマの原因になってしまいます。
目の周りを温めるには市販で目元専用のホットパックなどがあります。
また、目元だけでなく全身の血行を良くするために半身浴をするなどもオススメです。

 

黒クマの原因と対処法

ホスピピュア 目の下のクマ

黒クマは肌のたるみが原因となります。

加齢によるたるみや生まれつきのたるみが原因なので、治すのが一番難しいクマです。
場合によっては、美容外科手術も必要になります。

 

黒クマの対処法としてはマッサージやツボ押しがあります。
マッサージやツボ押しの際はあまり肌に刺激を加えないように気を付けましょう。
茶クマの原因となります。

 

茶クマの原因と対処法

ホスピピュア 目の下のクマ

茶クマの原因は主に色素沈着になります。
紫外線を浴びたり、目をこすったことでメラニンが多量に生成されてクマが出来ます。
他にも、肌が乾燥している、化粧品かぶれが原因となる事があります。

 

茶クマの対処法としては、美白作用のあるコスメがおススメです。
また、皮膚科で処方されるハイドロキノンやトレチノインも有効です。
ただ、トレチノインを使う時は目の周りなので、濃度に注意が必要です。

 

ハイドロキノンやトレチノインは副作用があるので、使い方・濃度に注意が必要です。
使い方を間違えると目の周りの肌がボロボロになったり、赤く炎症を起こしてしまいます。

 

ホスピピュアが有効なのは茶クマ!

 

ホスピピュアはメラニンとメラニンを発生させるメラノサイトの働きを抑えるので、メラニンが原因となる黒ずみケアに向いています。
ただ、クマなどの目元をケアするためだけにホスピピュアを購入するのは、ちょっともったいないかも。

 

目元のケアをしたい時は、専用の化粧水やクリームを購入した方が効果が期待出来ます。
既にホスピピュアを持っている人で、目元のクマや黒ずみが気になっている人は一度使ってみて下さい。

 

ホスピピュアには保湿効果が期待出来る成分もたっぷり含まれているので、目の下のたるみもなくなるかも?

せっかくホスピピュアを持っているなら、使える部分には全部使っていきましょう♪